げんきのまどプロジェクト
VOICE03 木平 健太郎さん
天野 敬史郎さん 平山 雅浩さん

ご賛同先様VOICE.

03

僕らでは絶対にできない方法で、
子どもたちを笑顔にしてくれるプロジェクトです。

三重大学病院 木平 健太郎さん 天野 敬史郎さん 平山 雅浩さん

INTERVIEW

木平 化学療法を行っている患者さんや心臓疾患の患者さんは、(感染症などの観点から)動物園や水族館といった人混みに行くことができないことも少なくありません。ですので、映像という手段であっても、その雰囲気に触れられることは貴重な体験です。
天野 イベントごとはすごく大切で、僕らが「今度こんなことがあるよ」って伝えるだけで、子どもたちにとっては治療に前向きになれる理由になることも。
木平 僕らでも季節ごとにイベントを企画運営していますが、このプロジェクトは僕らでは絶対にできないこと。運営面もしっかりサポートいただいていますし、僕らも助かっている部分が大きいです。
平山 第1回目の中継に立ち会った際に、子どもたちの笑顔、喜ぶ姿をたくさん見ることができました。本当に導入して良かったな、と。今後、何度も継続していくことで子どもたちが待ちわびる楽しみになっていくはずです。
木平 親御さんにとっても、連れて行きたくてもできない場所を体感させてあげられることで、親としての役割みたいなものを少しでも果たせる気持ちになれるのではないかと思います。子どもたちにとっては実際に動いている動物を見たことがあるかないかはとても重要で、例えば、動物が出てくる絵本を見るにしてもその感じ方は大きく違ってくるものです。