沿革

1986年 6月 中部テレコム・コンサルティング株式会社設立、 調査会社として活動開始
1987年 10月 社名を「中部テレコミュニケーション株式会社」に変更し、事業会社に移行
12月 第一種電気通信事業許可 取得
1988年 6月 専用サービス 開始
DDI(現KDDI)、日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)と相互接続運用開始
1989年 3月 日本高速通信(現KDDI)と相互接続運用開始
8月 映像伝送サービス 開始
1991年 6月 国際専用回線サービス等における国内回線部分のKDD(現KDDI)への
回線サービス開始
1992年 4月 パケット交換サービス 開始
1994年 10月 アステル中部:株式会社アステル中部企画(企画会社)設立
11月 アステル中部:社名を「株式会社アステル中部」に変更し、事業会社に移行
1995年 1月 アステル中部:PHS事業許可取得
1996年 4月 ISDNサービス 開始
アステル中部:アステルPHSサービス 開始
10月 専用サービスの東名阪地域連携開始
11月 フレームリレーサービス 開始
1997年 4月 専用サービスの全国地域連携開始
11月 CTCN(ctcコンピュータ通信網)サービス 開始
1998年 4月 ATM専用サービス 開始
1999年 2月 電力系通信事業者10社で、電力系通信事業者連合組織
パワーネッツジャパン(PNJ)設立
11月 TTNet(現KDDI)・OMP(現オプテージ)・ctcの3社で、
株式会社PNJコミュニケーションズ(のちの 株式会社パワードコム)を設立
2000年 10月 インターネットデータセンター(現CTCデータセンター名古屋駅南) 開設
11月 株式会社アステル中部を吸収合併
12月 アステルPHSオープンインターネットサービス「ドットi」開始
2001年 10月 株式会社パワードコム(現KDDI)に企業向けデータ通信サービスを分割営業譲渡
2002年 4月 グローバルコンテンツサービス(ストリーミングサービス) 開始
iDCホスティングサービス 開始
6月 光ファイバー専用サービス 開始
11月 中部電力(ひかりネットカンパニー): FTTHサービス「コミュファ光」 開始
2003年 1月 広域イーサネットサービス「CTC EtherLINK」 開始
3月 中部電力(ひかりネットカンパニー)
ISP選択型FTTHサービス「アクセスコミュファ」開始
9月 IPセントレックスサービス開始
インターネット接続サービス「CTC NetLINK」 開始
12月 ISP事業「i-chubu(インターネット中部)」を株式会社トーエネックより営業譲受
2004年 1月 無線インターネットサービス「Broad Dive」 開始
2005年 1月 インターネットデータセンターにおけるサービス等について「ISMS認証」取得
5月 アステルPHSサービス 終了
6月 広域イーサネットサービス「CTC EtherDIVE」 開始
インターネット接続サービス「CTC NetDIVE」 開始
10月 中部電力(ひかりネットカンパニー):「コミュファ光電話」 開始
2006年 1月 FTTHサービス「コミュファ光」を中部電力株式会社から事業承継
2007年 11月 「コミュファプラス」「アクセスコミュファプラス」開始
2009年 9月 CTCデータセンター名古屋栄開設
「オールコミュファ・マンション」 開始
2010年 4月 電気通信役務利用放送(有線役務利用放送)事業者登録
10月 「コミュファ光テレビ」開始
「CTCマネージドクラウドサービス」開始
2011年 4月 イーサーネットVPNサービス「CTC Etherコミュファ」開始
2012年 4月 法人(中小企業)向けサービス「ビジネスコミュファ光」開始
2014年 2月 CTCデータセンター名古屋丸の内 開設

ページのTOPへ