企業情報 トップ > ニュース > <共同企画>光インターネットによる名古屋港水族館のライブ映像配信について~自宅がいつでも水族館に様変わり!~

ニュース

<共同企画>光インターネットによる名古屋港水族館のライブ映像配信について~自宅がいつでも水族館に様変わり!~

中部テレコミュニケーション株式会社
2008年05月30日


中部テレコミュニケーション株式会社
財団法人名古屋みなと振興財団

 

 光インターネットサービスの「コミュファ光」を提供する中部テレコミュニケーション株式会社(略称:ctc、本店:名古屋市中区、社長:牧 俊夫)と、名古屋港水族館を管理運営する財団法人名古屋みなと振興財団(略称:みなと振興財団、名古屋市港区、理事長:山田 孝嗣 )は、このたびの提携により、本日から「コミュファ光」のコンテンツとして名古屋港水族館の海洋生物をライブで映像配信するサービス“コミュファ光 水族館” を開始することとなりました。
 この“コミュファ光 水族館”は、ctcがみなと振興財団とコラボレートすることにより、地元きっての有力コンテンツとして名古屋港水族館の海洋生物を特設カメラや普段飼育員が使用している定点カメラ等でキャッチし、光インターネットならではの安定した高画質な映像で多くの方々に無料でお楽しみいただくサービスです。これにより、たとえば、ちょうど産卵の時期を迎えているウミガメの貴重な映像も、自宅にいながらライブでご覧いただくことが可能となります。
 本サービスの提供により、映像をご覧いただく皆さまには「癒し」を満喫していただくとともに、「コミュファ光」および名古屋港水族館への親しみをさらに高めていただきたいと考えています。

 

サービスの概要

 「コミュファ光」のユーザのみならず、幅広く一般の方々に以下のコンテンツを無料でお楽しみいただきます。

  1. 配信コンテンツ
    名古屋港水族館水槽の映像
    • 赤道珊瑚水槽(メガネモチノウオ、タマカイ、マダラトビエイ ほか)
    • ペンギン水槽(エンペラーペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、 ジェンツーペンギン)
    • 黒潮水槽(マイワシ、カツオ、クロマグロ ほか)
    • ウミガメ水槽(アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ)
  2. ご利用方法
    名古屋港水族館ホームページ( http://www.nagoyaaqua.jp/)、およびコミュファホームページの「コミュファタウン」ページ( http://town.commufa.jp/)からリンクしています。
     
  3. ご利用料金
    無料
     
  4. サービス開始日

    平成20年5月30日
    (※ ペンギン水槽とウミガメ水槽については6月10日を予定していますが、準備ができ次第、上記コミュファホームページ内にてご案内いたします。)

 

事業者の概要

○ 中部テレコミュニケーション株式会社
所在地 名古屋市中区栄二丁目2番5号 電気文化会館内
代表者 代表取締役社長 牧 俊夫
設立 昭和61年6月3日
資本金 388億円

 

○ 財団法人名古屋みなと振興財団
所在地 名古屋市港区港町1番3号 名古屋港水族館内
代表者 理事長 山田 孝嗣
設立 昭和46年3月6日

 

お問い合わせ先
コミュファ コンタクトセンター
フリーコール : 0120-218-919(9:00~21:00、年中無休)

 

以上

ページのTOPへ