企業情報 トップ > ニュース > 「ユニバーサルサービス料」の改定について

ニュース

「ユニバーサルサービス料」の改定について

中部テレコミュニケーション株式会社
2008年11月28日

 中部テレコミュニケーション株式会社(略称:ctc、本店:名古屋市中区、社長:牧 俊夫、資本金:388億円)では、ユニバーサルサービス制度に基づ きその支援機関が定めた番号単価の変更に伴い、現在お客さまにご負担いただいております「ユニバーサルサービス料」につきまして、2009年2月ご利用分 から8.4円(税抜き8円)に改定いたします。
  今後ともユニバーサルサービス制度へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1. ユニバーサルサービス制度に関する番号単価
項目 番号単価
(1電話番号あたり月額)
ユニバーサルサービス料 (変更前)
2009年1月まで
6.3円
(税抜き 6円)
(変更後)
2009年2月~6月
8.4円
(税抜き 8円)

※支援機関からの公表に伴い、1電話番号あたりの金額は定期的に変更する可能性があります。

2. 変更時期
2009年2月ご利用分(3月ご請求分)からとなります   

3. 対象サービス
コミュファ光 法人向けサービス

・コミュファ光電話
・コミュファはなしてフォン
・コミュファ050オプション
・コミュファ・光電話オフィスプラ

・CTC IPセントレックスサービス
・CTC 総合デジタル通信(ISDN)サービス


4. その他
ユニバーサル制度の詳しい情報につきましては、総務大臣指定のユニバーサルサービス支援機関である社団法人電気通信事業者協会のホームページ( http://www.tca.or.jp/universalservice/)をご覧ください。

 

以上

ページのTOPへ