企業情報 トップ > ニュース > 「コミュファ光電話」における国際電話の通話先拡大等について~モンテネグロ、衛星携帯電話のイリジウム,スラーヤへの通話が可能に~

ニュース

「コミュファ光電話」における国際電話の通話先拡大等について ~モンテネグロ、衛星携帯電話のイリジウム,スラーヤへの通話が可能に~

中部テレコミュニケーション株式会社
2009年02月23日

 中部テレコミュニケーション株式会社(略称:ctc 本店:名古屋市中区、社長:牧 俊夫、資本金:388億円)は、「コミュファ光」の光IP電話サービス「コミュファ光電話」、法人向けIP電話サービス「コミュファ・光電話オフィスプラス」および「CTC IPセントレックスサービス」の通話先に、2009年3月1日より、モンテネグロならびに衛星携帯電話のイリジウムおよびスラーヤへの通話を追加いたします。
 また、2009年4月1日より、「コミュファ光電話」、「コミュファ・光電話オフィスプラス」および「CTC IPセントレックスサービス」からメキシコ合衆国、東ティモール民主共和国、パプアニューギニア独立国等の一部の国・地域への国際通話料金を改定いたします。

  1. 「コミュファ光電話」等の国際電話の通話先拡大について

    (1)拡大通話先
    国・地域など 通話料金
    モンテネグロ 142円/分
    イリジウム(衛星携帯電話) 378円/分
    スラーヤ (衛星携帯電話) 273円/分

    (2)拡大時期
     2009年3月1日(日)提供開始日
     
  2. 「コミュファ光電話」等から一部の国・地域への国際通話料金の改定について
    (1)料金改定
     下記のとおり

    (2)改定時期
     2009年4月1日(水)
     
  3. 発信元対象サービス
    コミュファ光電話、コミュファ・光電話オフィスプラス、CTC IPセントレックスサービス

 

「コミュファ光電話」、「コミュファ・光電話オフィスプラス」および 「CTC IPセントレックスサービス」等から一部の国・地域への国際通話料金の改定内容

国・地域など 現行通話料金
(2009年3月31日まで)
改定後通話料金
(2009年4月1日から)
東ティモール民主共和国 80円/分 127円/分
朝鮮民主主義人民共和国 80円/分 130円/分
メキシコ合衆国 40円/分 78円/分
フォークランド諸島 32円/分 230円/分
ナウル共和国 56円/分 160円/分
ノーフォーク島 56円/分 80円/分
パプアニューギニア独立国 56円/分 80円/分
ソロモン諸島 56円/分 160円/分
ニジェール共和国 72円/分 128円/分
サントメ・プリンシペ民主共和国 90円/分 257円/分
トーゴ共和国 90円/分 128円/分
インマルサット-M(衛星携帯電話) 360円/分 364円/分
インマルサット-B(衛星携帯電話) 300円/分 308円/分

※「コミュファ光電話」、「コミュファ・光電話オフィスプラス」および「CTC IPセントレックスサービス」からアメリカ合衆国、中華人民共和国、大韓民国等上記以外の国・地域への国際通話料金については変更はありません。

 

以上

ページのTOPへ