プロフィール
※掲載されている情報は、撮影当時のものとなります。


5人のプロフィールを見る

若手社員の本音に迫る

入社1年目、2年目の若手社員5名に集まってもらい、それぞれの就職活動のことや日々のやりがい、職場の雰囲気、実際に働いてみて感じたことなどを率直に語ってもらいました。

みなさんの仕事内容を教えてください。

吉田

総務部で株式事務、広報、商標や特許の申請などを行っています。今はちょうど広報関連で、会社のホームページや会社案内のパンフレット作成などに携わっています。

伊神

コミュファの工事を行っています。局舎の中の機器工事を自分で設計して、オーダーして、完工するまでが主な仕事です。

多田

コミュファの営業です。その中でも家電量販店の販路を担当していて、家電量販店さんとの交渉や、どのような施策を打てばお客さまに「コミュファ光」をより長く使っていただけるのか、派遣代理店さんと施策検討をしています。

足立

法人企業さま向けサービスの営業で、私の所属するグループはサービス業や商社、製造業などの法人企業さまに営業を行っています。回線サービスを基本として、それに付随するサーバーやデータセンター、クラウドサービスなどをあわせてお客さまに提案します。

若杉

足立さんと同じ部署ですが、自分は主にシステムに関して、お客さまのニーズに合ったものを、要件定義から運用まで提案する仕事をしています。お客さまは主に製造業です。

ctcを志望した動機は何ですか?

吉田

私は就職活動をするにあたって、仕事と私生活の両方を充実させたいと思っていたので、地元の企業で土日休みが基本であることを条件に、職種は幅広く探しました。ctcの会社説明会で人事部長の話を聞いて、女性が活躍できる風土の会社だと感じて、ここで働きたいと思いました。

伊神

私は興味があったインフラ系の技術職に職種を絞って探しました。合同説明会のときに、ctcの社員同士のつながりの良さを感じ、和気あいあいとした雰囲気だったのが印象的で、興味を持ちました。

多田

普段の生活に欠かせないものを提供している会社がいいと思い、電気、ガス、通信、交通に絞って就職活動をしていました。その中で、ctcは総合職でも転勤がなく、地元である東海圏内で働けるというのが魅力でした。

足立

私は新しいものが好きで、今後もどんどん変わって行く業界でやっていきたいと思っていたので、IT系企業を幅広く受けました。ctcは先輩社員の方々から、若手でも仕事を任せてもらえる会社だという話を聞いて、ここに入社したいと思いました。

若杉

自分は3つあります。まず一つは、大学で情報専攻だったのでIT業界で働きたかったということ、二つ目は地元で働きたいということ、そして、三つ目は人と人とのつながりを作りたかったということです。通信は電話とかメールとか、コミュニケーションのベースとなるものなので、人と人のコミュニケーションを生み出すことに貢献するような仕事ができると思いました。

実際に入社してみて、入社前とイメージは変わりましたか?

吉田

私たちの世代は、内定をもらってから入社するまでに何回も懇親会があって、その中で多くの社員の方と接していたので、ギャップ感じることなく働けました。

伊神

私は技術職だったので、男性が多いイメージで、女性はあまり受け入れられないんじゃないかなと不安でしたが、実際はそんなことはなくて、確かに私の部署は男性が多いんですが、相談しやすい方ばかりでイメージとは違いました。

多田

私もそんなにギャップは感じてないです。入社1年目でも、論理立てて話せばきちんと話を聞いてもらえるので、働きやすい会社だと感じます。

足立

ctcは通信の会社という企業イメージしか持っていなかったんですけど、配属先が法人さま向けサービスの部隊で、通信だけではなく、通信に関わる機器などの販売もしていて、商社みたいな動きをするんだということは入社してから驚いたことです。

若杉

IT系の仕事って、黙々と1人で自分の仕事をするようなイメージがあったんですけど、ctcはどちらかというとワイワイ活気があって、チームで進めていくところにギャップを感じました。あと、会社説明会などで若手が活躍できるっていう言葉はどの会社でもよく聞くんですけど、実際に1年目から1つの案件をガッツリ任されているので、ctcは本当だったんだなと(笑)。その分プレッシャーはありますけど、上司や周りの先輩が助けてくれるっていう信頼があるので、不安にならず仕事に集中できます。

仕事の楽しいところと、苦労しているところを教えてください。

吉田

いろんな部署の方と関わりながら、どうしたら社員がより働きやすくなるか、会社の仕組み作りに携われることが面白いと感じています。経営陣の近くで仕事が出来るのも良い経験です。苦労する面は、株主総会や取締役会にはルールがたくさんあって、会社法などをその都度学ぶことになるのですが、一から自分で調べて考えてやって行くことが多いので、それは大変だなと思います。

伊神

コミュファの設備全般に関わっているので、色々な設備にかかわれるのが、毎回新鮮で楽しいです。苦労するのは、工事の設計と発注を行っているのですが、納期が合わなかったりすると、代替案を用意して調整するので、あれこれ考えながら、頭を使います。

多田

楽しい面と苦労する面は表裏一体なんですが、代理店さまへの営業では、相手は責任者や代表者の方が多いので、自分よりも知識も経験もある方々と交渉して納得していただかないといけないことです。調整が上手くでき、同じ目標に向かって動いて、一緒に目標達成できた時はやりがいを感じられます。

足立

営業なので、やはりお客さんに提案をして受注したときが一番嬉しいです。お客さまに合ったサービスを考えて、これだったらこういうメリットが出るのではないかと自分なりに考えて、提案できるのはとてもやりがいがあります。ただ、まだ分からないことも多く、いろんな部署の方に聞いて助けてもらいながら、調整をするのが大変苦労するところです。

若杉

自分の提案がお客さまに受け入れられて、最終的に導入いただいたお客さまに喜んでもらえたときが嬉しいですね。苦労することは、同じような製品が数十、数百とあること。その中からお客さまにどれが一番マッチするのか、一つひとつ細かい特徴を調べて上げるのは大変です。

ctcはどんな社風の会社ですか?

若杉

元気があって何にでもトライしていくような会社だと思います。自分はあまりコミュファの部署は知らないですが、ソリューションでは、半年に1回は新サービスが生まれていて、チャレンジ精神がある会社だと感じます。

足立

私は営業ですが、営業とSEでお互い無理難題を言い合うんですけど(笑)、結局最後は助けてくれてctcとして最後はみんなでやり遂げる。そういう団結力みたいなものはしっかりできている会社だと思います。

多田

社風といわれると難しいですが、「お客さまのために」という意識はとてもありますね。先ほど足立さんが言っていたように、難しい注文でもどうすればお客さまの要望に応えられるのかというのをみんなが常に考えていて、そのために動いていくという意識が強いと思います。

伊神

いろんな部署と関わりがありますが、何かあると電話やメールで適当に済まさずに、直接顔を合わせてコミュニケーションを取っていて、フロアをよく人が行き交うところはいいなと思います。コミュニケーションを中途半端にしないで、しっかり会話をして、お互いにちゃんと落とし込んで仕事に取り組んでいるので働きやすいです。

吉田

みんなも若手が活躍できるって言ってましたけど、若くても遠慮せずに、自分の意見ははっきり言える、風通しの良い会社だと思います。

学生の頃から成長できたなと感じることはありますか?

若杉

能動的に動けるようになったところですね。学生の頃は言われたこと、やらなきゃいけないことをやっていましたが、今はお客さまに提案をする側なので、自ら考えて提案していかないといけないため、そういうところは大きく変わったと思います。

足立

私が意識してるのは、周囲に気を配ることです。社会人になる前は自分のことを一番に考えて動いていたところがありますが、今はお客さまはもちろん、一緒に仕事を進めてくれる方のスケジュールも大切ですし、自分以外の周囲の動きを意識して、自分の行動を考えることを大切にしています。

多田

何のためにそれをするのかということを、すごく考えるようになりました。昔は何となく過ごしていても問題なかったですけど、会社に入って、ものごとの必要性であったり、それをやることでどういう結果が出るのかとか、そういうことを一つひとつしっかり考えるようになりました。

伊神

私も多田さんと似ていて、ちゃんと工程を踏むようになったっていうのが成長したところだと思います。学生の頃は行き当たりばったりとか、時間ギリギリは平気だったんですけど(笑)、今はいつまでにこれをやるというのを、自分で決めなくてはいけないので、ちゃんと優先順位をつけて工程を踏めるようになってきたと思います。

吉田

私もみなさんが言うように、優先順位をよく考えるようになったなと思います。逆算して考えられるようになりました。

会社の福利厚生で利用しているサービスなどはありますか?

吉田

カフェテリアプランという福利厚生サービスがあって、社員は年間3万円(300ポイント)、旅行や映画などに自由に使えるんです。私は毎年、同期メンバーで声をかけあって旅行に行っています。今年は京都に行って、陶芸をしたり、お豆腐作りをしました。同期と親睦を深めるいい機会になっています。

伊神

カフェテリアプランは最大2年間ポイントを貯めておくことができるので、私は来年使おうと思っています。旅行以外にも語学などの講座の受講や、ジムに行ったりもできるみたいなので、有効に使える手段を考えたいと思います。

多田

私は独身寮を利用していて、家賃補助をうけています。今は会社の近くで一人暮らしをしていますが、家賃の8割を会社が負担してくれるのでとても助かっています。

吉田

私も独身寮で一人暮らしをしていますが、とてもありがたいです。福利厚生が充実していることもctcに入社したいと思った理由の一つです。

プロフィール

※掲載されている情報は、撮影当時のものとなります。