地域社会

地域のお客さまにより密着した企業であり続けるための社会貢献活動として、地域の病院に設置している大型モニターを通して外の世界とつなぐ「げんきのまどプロジェクト」、地域社会への貢献活動として「地域清掃活動」に取り組んでいます。

地域のお客さまにより密着した企業であり続けるための社会貢献活動として、地域の病院に設置している大型モニターを通して外の世界とつなぐ「げんきのまどプロジェクト」、地域社会への貢献活動として「地域清掃活動」に取り組んでいます。

入院闘病中のお子さまに
元気を届ける。

げんきのまど
プロジェクト

中部テレコミュニケーション株式会社(ctc)では、地域貢献活動の一環として、通信事業者の強みを活かした『げんきのまど』プロジェクトに取り組んでいます。

『げんきのまど』とは、地域の病院に設置している大型モニターと通信ネットワークのことで、外の世界とつながる「窓」として、なかなか外に出ることのできない入院中のお子さまに、病院外の風景やイベントを届けています。

具体的には、水族館や動物園などからライブ中継を行い、リアルタイムにコミュニケーションを取りながら、お子さまに楽しんでもらえるイベントを実施しています。

お子さまが元気になりますようにと願いを込め、『げんきのまど』と名付けました。
InterviewNew

ご賛同先様
VOICE.

05

画面の向こうと“やりとりができる”という体験が子どもたちの笑顔と会話を育んでくれます。

その他の地域活動その他の地域活動

その他の地域活動

社会貢献への取り組みとして、
その他の地域活動に参画しています

活動事例 01

名城公園花壇整備ボランティア

KDDI中部総支社が実施している、名城公園の花壇整備ボランティアに参画しております。 今回は、花壇のマルチングとプランターの植付けを⾏いました。
マルチングを⾏うことで病気や寒さから植物を守ることが出来、有機⼟壌改良剤としての役割も持つので⼟を柔らかくしてくれます。 また、名城公園内の花⼯房では『ミニミニ⾨松づくり』体験があり、参加されたお⼦様は真剣に⾨松を作成していました。

ctcは今後も、地域の皆さまと共に住み続けられるまちづくりを目指した活動を推進していきます。

その他の地域活動

左上から、マルチングの様⼦/プランターの苗植体験/ミニミニ⾨松作りの様⼦

ctcの社会貢献活動と
SDGsの関連性

地域社会

ctcの地域社会への貢献活動は、SDGsの中の目標11 : 「都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする」に関連した取り組みとしても社会に貢献できると考えております。

住み続けられる街づくりを

Our Initiatives

社会貢献への取り組み