企業情報 トップ > ニュース > 「CTCマネージドクラウド バーチャルデスクトップ」の提供について~万全のセキュリティーで企業の営業活動を強力サポート~

ニュース

「CTCマネージドクラウド バーチャルデスクトップ」の提供について ~万全のセキュリティーで企業の営業活動を強力サポート~

中部テレコミュニケーション株式会社
2012年01月31日

 中部テレコミュニケーション株式会社(略称:ctc、本社:名古屋市中区、代表取締役社長:湯淺英雄、資本金:388億円)は、2012年1月31 日より、当社の高速・大容量の光ファイバーネットワークに直結した「CTCマネージドクラウド」サービスにおいて、「バーチャルデスクトップ」サービスを 開始します。

 「バーチャルデスクトップ」は、社内のパソコン環境をクラウド上に格納し、シンクライアント端末(注1)やタブレット端末などを使って操作を行うことができるサービスです。
機密情報を端末に保存しないためセキュリティー向上を図ることができるとともに、端末故障時の復旧作業やパソコンの運用・管理など、情報システム管理者様の業務の軽減、作業効率の向上を実現します。

 また、このサービスは、今回同時に提供開始するリモートアクセスサービス「スマートアクセス」とあわせてご利用いただくことにより、情報漏 洩の心配なく、外出先等からでも社内と同じ環境でパソコンを利用することができます。「スマートアクセス」は、タブレットやスマートフォンなどの端末か ら、携帯電話回線やFTTH回線などの各種回線を利用して、外出先から社内イントラネットへ安全に接続する環境を提供するサービスです。外回り営業員が商品情報や在庫状況、見積書などをパソコンに入れて持ち出さなくても訪問先や移動先にて社内情報の検索、登録・申請などを行うことが可能です。また、在宅勤務の実現や大規模災害など有事の際のBCP(注2)対策としてもご活用いただくことが可能なサービスです。

 今後もctcは、お客さま満足とお客さま利益の最大化のため、「CTCマネージドクラウド」の機能拡張およびサービスラインナップを追加してまいります

(注1)作業のための記憶装置(ハードディスク等)をつけずに稼動させる専用端末のこと。

(注2)事業継続計画のこと。Business Continuity Planの略。

「バーチャルデスクトップ」と「スマートアクセス」のサービスイメージ図と提供料金は、下記をご参照ください。

 

「バーチャルデスクトップ」と「スマートアクセス」のサービスイメージ図

 

「バーチャルデスクトップ」の提供料金

基本メニュー料金(月額)として、最大仮想PC数・バックアップ有無に応じたサーバー利用料、および利用する仮想PC数に応じた仮想PC利用料、また基本 メニュー料金(初期費用)からなる料金体系です。その他、オプションメニュー料金、変更工事費が必要に応じて発生します。

  1. 基本メニュー料金 ※1(月額 税抜き)

  2. 基本メニュー料金 ※1(初期費用 税抜き)

  3. オプションメニュー料金 (税抜き)
    • ストレージ追加オプション

    • アプリケーション追加オプション

  4. 変更工事費 (税抜き)

※1 最低利用期間は1年となります。

※2 1ヶ月以内の利用期間に限ります。

※3初期インストールまでとなります。 当社にて構築(設定変更/セッティング)およびアプリケーションに関する運用サポート対応を行う場合は、別途費用が必要となります。

※4 Office2003の場合は、Professional Enterprise Editionでの提供となります

*各社の社名、製品名、サービス名およびサイト名は各社の商標または登録商標です。

 

「スマートアクセス」の提供料金

最大同時接続数に応じた月額料金と初期料金からなる料金体系です。その他オプションメニュー料金、変更工事費が必要に応じて発生します。

料金(税抜き)※1

※1 本サービスのご利用にはCTCイーサネット網サービスのご契約が別途必要となります。

※2 リモート接続専用のインターネット回線を含みます。

※3 ローカル認証選択時のユーザ追加の場合 5,500円、その他の場合 50,000円 となります

※4 トライアルのご利用は最大1ヶ月間です。

 

以上

ページのTOPへ