企業情報 トップ > ニュース > 「ユニバーサルサービス料」の改定について

ニュース

「ユニバーサルサービス料」の改定について

中部テレコミュニケーション株式会社
2016年12月02日

  中部テレコミュニケーション株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:竹山 博邦、以下「ctc」)では、当社と直接ご契約されているお客さまにご負担をお願いしている「ユニバーサルサービス料」について、ユニバーサルサービス制度の番号単価改定に伴い、2017年1月ご利用分から以下のとおり1番号あたり月額2円 (税込2.16円) に改定します。
今後ともユニバーサルサービス制度へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.ユニバーサルサービス制度に関する番号単価

項 目 番号単価(1電話番号あたり月額)
※複数番号をご利用の場合、ご利用番号数に応じた請求金額が発生します。
ユニバーサルサービス料 (変更前)
2016年12月ご利用分まで
3円
(税込3.24円)
(変更後)
2017年1月ご利用分から
2円
(税込2.16円)

2.変更時期
  2017年1月ご利用分(2月ご請求分)から変更となります。

3.対象サービス

個人のお客さま向けサービス 法人のお客さま向けサービス

・コミュファ光電話 (注1)
・コミュファ光電話 050オプション
・コミュファ光モバイル(EM)
・コミュファ光モバイル(UQ WiMAX2+)

・CTC IPセントレックスサービス
・コミュファ・光電話オフィスプラス
・ウィルコム統合サービス
・CTCモバイル
・CTC光電話ダイレクト
・CTC光電話over EtherLINK ex
・CTC光電話プラス
・CTCフリーコール
・ビジネスコミュファ光電話
・auひかり ビジネスコミュファ
・CTCペーパーレスFAX

(注1)コミュファ・マンション光電話を含みます。

4.その他
  ユニバーサルサービス制度は、ユニバーサルサービス (注) の維持に必要な費用を電話会社全体で負担する仕組みであり、当社は一般社団法人社団法人電気通信事業者協会が公表した番号単価を「ユニバーサルサービス料」としてお客さまにご負担いただいております。
お客さま各位におかれましては、ユニバーサルサービス制度へのご理解とご協力をお願い申し上げます。
注)電気通信事業法で「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」とされているサービスで、現在NTT東日本・西日本が提供する加入電話、公衆電話および緊急通報が該当します。
ユニバーサル制度の詳しい情報につきましては、一般社団法人電気通信事業者協会ホームページhttp://www.tca.or.jp/universalservice/をご覧ください。

以 上