中部テレコミュニケーション株式会社(略称:ctc、本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:宮倉康彰、資本金:388 億円)は、株式会社シルバースタージャパン(略称:SSJ、本社:岐阜県岐阜市、代表取締役:山本成辰、資本金:2,560 万円)のメインスポンサー契約を締結いたしました。
 また、SSJのゲームタイトルである「リアルタイムバトル将棋®」(※1)初の「プロe棋士」(※2)によるタイトル戦、電棋杯を本年8月に「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」(※3)にて開催いたします。また、上記に先立ち「プロe棋士」になるためのポイントが獲得できるctc公認ポイント大会も毎月開催いたします。
 将棋界では、藤井二冠や豊島竜王など東海地区の棋士の活躍で盛り上がりを見せる中、新たな将棋のeスポーツの大会を定期的に開催していくことで、将棋とeスポーツ文化の醸成に努めてまいります。


20210331-01.jpg

※1...「リアルタイムバトル将棋®」
 将棋の基本ルールである先手後手という手番制をなくし、任意のタイミングで好きな数だけ駒を動かし、相手の玉将を取った方が勝利となる新たな将棋のeスポーツ。日本eスポーツ連合初のテーブルゲームでの公認タイトルとなる。
 年齢、性別に関係なく勝負ができるeスポーツの理念を体現したタイトルであり、今年2月にプレ大会として開催されたAICHI IMPACT!では小学生が優勝。


20210331-02.jpg

※2...「プロe棋士」
 本タイトル公認大会において一定数のポイントを獲得した選手。今後のタイトル戦における参加資格を持つ。

※3...「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」
 ctcが運営する2019年11月にオープンした中部地域初のeスポーツ専用施設。10ギガの高速インターネット回線をはじめ、高機能なゲーミングPCと配信機器、200インチを超えるLEDビジョンを備えており、eスポーツや各種イベント等に対応している会場。

<1> 第1回電棋杯概要

<2> プロe棋士選抜大会概要

①全国各地において公認ポイント大会を実施いたします。
参加人数/ポイント
  8~15人 16~31人 32人~
優勝 10 20 30
2位 5 10 15
3位 2 4 6
4位 2 4 6

 ※上記ポイント以外に、1勝すると1ポイント獲得

② ①のうち、ctcが主催する公認ポイント大会は以下の通り実施いたします。


■プロe棋士選抜大会でのプロe棋士任命に対する特例
 プロe棋士選抜大会終了時にポイントの高い選手上位4名(「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」該当者は除く)による決定戦を行い、その上位者が一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)よりリアルタイムバトル将棋®の「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」資格を得て、プロe棋士となり初のタイトル戦第1回電棋杯参加資格を得ます。

 現在、ctc以外に以下の団体・法人が公認ポイント大会開催を表明。
 ・株式会社シルバースタージャパン
 ・一般社団法人山形県eスポーツ連合
 ・edges

<3> 各社の役割

〇株式会社シルバースタージャパン
 公認ポイント大会企画、出場選手ポイント管理、プロe棋士の任命 等

〇中部テレコミュニケーション株式会社
 大会運営・配信、コミュファ eSports Stadium NAGOYAの提供、賞品提供 等

以 上